腐乳研究会|のびやかな発酵唐辛子の旨み。雲南省・大理巍山小吃節で買った辣腐乳。

巍山小吃節

貴州の腐乳を食べると、雲南も忘れちゃいけない思う。

雲南省は貴州省の西の隣。南北に長く、標高差があり、面積は日本の国土(377,975 km²)とほぼ同じ(394,100 km²)。少数民族が多く住む地域であり、言葉も食文化も多彩。

こういうことを知っていくと「中国は…」と決してひとくくりにはできない。

雲南省で思い出深いのは、2019年3月の17時間の寝台バス旅だ。

旅路はモエ・マサラ・私で、雲南最南端のシーサンパンナ(西双版納傣族自治州)から大理市まで。旅は道連れ、途中検問を受けること3回、一緒にいれば17時間などあっというま。

各人、よく眠れるというのが強い。今回ご紹介するのは、その道中で買った腐乳である。

食いしん坊バンザイ!南詔国発祥の城下町・巍山の小吃節

訪れたのは、大理の中心部から南へ約60kmの場所にある巍山彜(イ)族回族自治県。

なぜここに行ったかというと、大理で知り合ったアリちゃんから「明後日、巍山で小吃節(軽食祭り)があるよようです」と教えてもらい、俄然興味を持ったから。

旅の道中に、食の祭とタイミングが合うなんて運がいい。教えてくれたアリちゃんに感謝。そしてアリちゃんを紹介してくれた、在重慶日本国総領事館のMさんに感謝である。

巍山小吃節
巍山小吃節のゲート。

調べてみると、巍山(wēi shān:ぎざん)は唐代に隆盛だったチベット・ビルマ系の国家、南詔国発祥の地。

『世界史の窓』によると「チベット・ビルマ系のロロ族(烏蛮)が、タイ系の白蛮を抑え、738年ごろ、皮羅閣によって建国された」とあり、街を歩くと、暮らしの息吹とともに古城の風格を残していた。

そこで年に1度開催されるのが小吃節。路地に近隣の彜族と回族が各民族に伝わる小吃を屋台を出し、食事処が倍増すると、街は一気に賑やかさを増す。

小吃だけでない。仔豚の丸焼き、羊の丸焼き、鳩の丸焼きもガンガン焼いている。手作りの調味料ブースもあれば、地元のお酒も売っている。

巍山小吃節
巍山小吃節。仔豚の丸焼きコーナー。もちろん食べる。

これを話し始めるとキリがないので、詳細はまた別記事に譲るとして、その一角で見つけたのがこの腐乳だ。

巍山小吃節
巍山小吃節の調味料コーナーで買った腐乳。唐辛子がまぶしてある。

見たところ、新鮮な唐辛子を刻んでまぶして漬けているようだ。肉厚な唐辛子の風味が伝わってくるようで、うう、見るからにおいしそう。

その気持ちを後押しするかのように、売り子のおばちゃんが「私が作ったのよ」と声をかけてくる。こうなると弱い。試食し、大きな瓶にひとつ買った。

そして1年後がこれである。

巍山辣腐乳
巍山辣腐乳。油も入っているタイプ。

モエ「ああ、これが腐乳って感じ!」
マサラ「そうそう!これが私の基本の腐乳。これだよね~って感じ」
モエ「落ち着く味わい」

2人とも雲南には足繁く通っているので、なるほど、これがホームの味か。

サトタカ「けっこう辛いね。唐辛子の辛味がシャープだよ」

見たところ唐辛子はこなれているが、その味わいはまだヴィヴィッドだ。

あの新鮮な唐辛子が漬け汁の中で発酵しているなら、泡辣椒(pào là jiāo:唐辛子を発酵させた漬物)と一緒で、フルーティーな味わいとなり旨みも増す。

辛いけど、この唐辛子が旨みに寄与しているんだな。

巍山腐乳
巍山辣腐乳

和え麺などに使ってもいいだろうし、チーズにも合いそう。舐めているうちに、巍山小吃節の賑わいが脳裏に蘇った。

恐らくここはすぐに観光開発が進むだろう。あの時、スタバができるって看板があったもんなあ。そう思うと、まだ往年の面影を留めているこの街に、すぐにでも行きたくなった。

この記事の場所

雲南省大理白族自治州 巍山彜族回族自治県

サトタカ(佐藤貴子)

サトタカ(佐藤貴子)

食と旅を中心としたエディター、ライター、コーディネーター。卒業後に携わった映像関連の仕事で、担当した映画監督が大の中華好きだった影響を受けて中華にハマる。独立後、中華食材専門商社のECサイト立ち上げと運営を通じて中華食材に精通。食をテーマにしたイベントの企画・運営や、雑誌、会報誌、ウェブ等で中華に関する執筆多数。中華がわかるウェブマガジン『80C(ハオチー)』ディレクター。東洋医学を胃袋で学ぶ「古月漢満堂』企画雑用係。