スパイス大作戦 in 貴州 2020スライドショー|臭豆腐と納豆の罠/唐辛子が燃える時

貴州のありとあらゆる豆製品を巡り、中国辣椒の郷でハイクオリティな唐辛子と出合う旅。名づけて『スパイス大作戦in貴州』。

昨年の『ニューヒナベパラダイスin貴州』に次ぐ、実食付き貴州スライドショー、今年もやります。

昨年は貴州料理の作り手が日本にいなかったため自作しましたが、今年、我々には日本唯一?のガチ貴州料理店「貴州火鍋」がある…!

ということで、第一部「臭豆腐と納豆の罠」では、豆豉火鍋に魅入られた我々が、貴州西部の大方(ダーファン)に飛び、貴州豆豉をはじめ、豆腐乳、臭豆腐、鹹水豆腐、酸湯豆腐、菜豆腐、豆干など、謎の豆製品と出合う旅をスライドショーでご紹介。

貴州の豆豉はひと言でいうとほぼ「干し納豆」です。こちらは湿豆豉、つまり「納豆」。
臭い料理も少なくない貴州省ですが、実はこちらの臭豆腐、あまり臭くありません。

腐乳もところかわれば味が変わり、臭豆腐だって臭そうに見えて臭くない(本当です)。そこで、今回のスライドショーでは、旅で出合ったいろんな豆製品のなかでも貴州西部の名産、豆豉火鍋を食べくらべ。

というのも、同じ豆豉火鍋でも、新小岩「貴州火鍋」の遵義式豆豉火鍋と、大方式豆豉火鍋では、鍋の素になる材料が異なり、風味も違う。遵義式は遵義出身者が作るので間違いなし。大方式は、現地で人気の豆豉火鍋店店主より譲り受けた豆豉をもとに、ほぼそのままの味を踏襲する予定です。

そして、続く第二部は「唐辛子が燃える時」と題して、中国辣椒の郷・遵義(じゅんぎ)の食をご紹介。

遵義は中国共産党の聖地として知られますが、胃袋目線でこの都市を見ると、中国最大級の唐辛子市場があり、高品質な唐辛子を生み出す一大生産加工拠点として見逃せないエリア。

あまり知られていませんが、小吃が豊富で羊肉がおいしく、緑茶や紅茶など高品質な茶葉の産地でもあります。

虫か…!!ってくらい唐辛子がうようよと。遵義の蝦子唐辛子卸売市場。
米から作る幅広麺、米皮。むちっとした食感と透明感のある味わいに、特製の辛味だれをかけていただきます。

そこで、実食では遵義出身の料理人がつくる、昨年の新物の遵義唐辛子を使った料理も、死なない程度に辛い味付けでお出しします。この機会にぜひご賞味ください。

見て楽しんで、食べて笑って2時間半。あなたの「うまい!」「おもしろい!」に、新たな指標が加わるかもしれません。


開催概要

スパイス大作戦in貴州 2020スライドショー|臭豆腐と納豆の罠/唐辛子が燃える時

開催日時:2020年2月1日(土)12:00~14:30(開場11:45)
会場:貴州火鍋(東京都葛飾区新小岩1-55-1 多田ビル1F
アクセス:JR総武線 新小岩駅南口から徒歩6分(アーケード商店街「ルミエール」を直進して左)
会費:4600円(税込)
内容
・スライドショー「スパイス大作戦in貴州2020 臭豆腐と納豆の罠/唐辛子が燃える時」※2本立て
・大方スタイルおよび遵義スタイルの豆豉火鍋食べくらべ(恐らく本邦初)
・白米(豆豉火鍋は「飯どろぼう」の異名があります)
・大方~遵義の貴州料理3品・お好きなドリンク1杯(アルコールOK)
※気分でレアなお土産がつくかもしれません。

参加申込方法

Facebookのイベントページにて先着順で受け付けます。席は22席ご用意します。
イベントページの参加ボタンを押した上で、コメント欄に参加表明と参加人数を書き込んでください。1人の申込で2名まで申込できます。どちらか片方だけでは参加になりません。コメント書き込み順に受付とします。
・会場の「貴州火鍋」で予約は承っておりません。
・会費は当日受付にてお支払です。キャンセルは準備の都合から1月25日(土)まで無料、それ以降は全額キャンセルフィーを頂戴します。
・キャンセルが出た場合、追加募集をいたします。

2020年9月18日(金)~22日(火)、こちらのスライドショーでご紹介する大方~黔西~遵義TOUR『スパイス大作戦in貴州 TOUR2020』を開催する予定です。皆で豆製品に触れ、焼き、煮て、食べ、唐辛子に驚き、現地で円卓を囲みましょう。

 

サトタカ(佐藤貴子)

サトタカ(佐藤貴子)

食と旅を中心としたエディター、ライター、コーディネーター。卒業後に携わった映像関連の仕事で、担当した映画監督が大の中華好きだった影響を受けて中華にハマる。独立後、中華食材専門商社のECサイト立ち上げと運営を通じて中華食材に精通。食をテーマにしたイベントの企画・運営や、雑誌、会報誌、ウェブ等で中華に関する執筆多数。中華がわかるウェブマガジン『80C(ハオチー)』ディレクター。東洋医学を胃袋で学ぶ「古月漢満堂』企画雑用係。